トラックバックとは?

仕事を在宅でしたいあなたへ。子育て中主婦詠美がアフィリエイトで月6桁収入を得る方法を公開中。誠実な、子供に旨を張って話せるアフィリエイトではっぴぃらいふに

トラックバックとは?

トラックバックとは、関連記事を書いたことを、相手に知らせる、

ブログ特有の機能です。

 

 

 

自分が書きたいブログの記事に、関連する他のブログの記事に対して、

トラックバックをすることによって、

相手のブログに、「あなたのブログの記事に関連する記事を書きました。」

と、知らせることができます。

 

 

 

トラックバックが相手のブログ管理人さんに承認されると、

相手のブログ記事に、

「この記事にトラックバックしている記事」として、

あなたのブログ記事のURLが載ることになり、

 

 

 

相手のブログ訪問者さんが、あなたのブログに興味を持って

来てくださる可能性があるので、アクセスアップにつながります。

 

 

 

でも、相手の記事を参照しただけで、

自分の意見が書かれていない場合は、

来てくれた訪問者さんをがっかりさせるだけです。

しっかり自分の意見を書くことによって、

あなたのブログのファンを増やすことにつながります。

 

 

 

アクセスアップの手段として、

ニュースサイトの記事などにトラックバックを打つのは、

実際に効果がありますが、

全く関連のない記事にトラックバックするのはマナー違反です。

 

 

 

また、トラックバックした際には、

この記事を参照しました。というふうに、

記事内で、相手の記事のURLにリンクをはるのがマナーです。

 

 

 

ブログの記事で、

ニュースサイトなどの文面をそのままコピーしているのを見かけますが、

参照した場合でも、

文面をそのままコピーするのではなく、

「こういうことがニュースに出ていますが・・・」

という風に、相手の文面をリライトすることが大切です。

 

 

 

全くコピーしてしまっても、参照元を明記していれば、

著作権には触れませんが、

検索エンジンには、嫌われてしまいます。

 

 

 

検索エンジンは、全く同じ文面ですと、

検索結果に表示しないようにする傾向があります。

 

 

 

誰かが何かを調べたくて検索したときに、

上位30個の文面が全く同じだと、使い物になりませんよね?

ですから、検索エンジンは、全く同じ文面を排除しようとするのです。

 

 

 

ニュース記事などへのトラックバックでのアクセスアップは、

記事を書いてから数日の間の効果しかありません。

 

 

 

それよりも、検索エンジンを味方につけるような記事を書き続けた方が、

長い目で見るとアクセスアップにつながります。

 

 

 

リライトは忘れずにするようにしましょう。

 

 

 

まとめると・・・

 

 

 

たとえばあなたがPC関連商品のアフィリエイトをしている場合、

PC関連商品のニュースにトラックバックをして、

ニュース記事を読んでいる人のアクセスを自分のブログに呼び込みたい

と考えた場合に、トラックバックを使います。

 

 

 

そして、自分の記事には、そのニュースの記事の文面をある程度リライトし、

そこに、自分の考えなどを書き加えて、

ブログ訪問者ががっかりしないような記事に仕上げます。

参照元として、ニュース記事へのリンクをはるのを忘れずに。

 

 

 

ニュース記事にトラックバックをすると、

アクセスは増えますが、ただ、アクセス数が増えるだけで、

あなたのアフィリエイト商品を買いたい人が訪問するわけではありません。

 

 

 

ですので、見込み客が読むニュースにトラックバックすること、

訪問者をお客様に変えていけるような記事を書くことが大切になり、

かなりのテクニックが必要です。

 

 

 

アクセス数と、見込み客の人数は違いますので、

トラックバックでのアクセス数アップに有頂天になり、

迷惑なトラックバックを続けても、

成約率を下げるだけの結果になりかねません。

 

 

 

よく意味を理解してから、始めてくださいね^^

 

 

 

有効活用できる!という人に、ご参考までに・・・

 

 

 

トラックバックできる、サイト・ニュースサイト

トラックバック練習板

livedoorニュース

izaニュース



 

・・・他にもたくさんあるので、自分のブログのテーマに合った

トラックバックできるサイトを探してくださいね。

 

 

 




コメント

  1. 詠美さん こんにちは
    たぬきちです(*´∀`)r

    PING送信は意識しても
    トラックバックは考えてませんでした

    でも似たようなものなのかな?
    こんどその違いについて

    考察した記事を希望wなんつて

    応援ぽちーん゙( ´・ω・`)σ”

    PS 前回までのは予約投稿だったんですね(;^ω^)
       感覚短すぎじゃないっすか?w

  2. >たぬきちさん☆

    えぇぇぇ?!
    Ping送信とトラックバックは全然似てません”o(-_-;*) ウゥム…

    違いっていうか・・・全然違うような・・・ 汗
    何を書けばいいのかわかりません 汗

    応援ありがとうございます♪

    追伸 予約投稿毎日入れてたのに、
        規約変更とか新レポート紹介が入って間隔が詰まっちゃったんです^^;
        日付ずらしていけばよかった^^;

  3. さくです
    コンバンハー

    更新のPingとトラックバックのpingは送られるデータの形式が違います

    前者はWeblogポータルに変更通知を行うためのもの、後者はトラックバックする(外部サイトのブログ記事に自分の記事への参照リンクを設定するためのものです

    結構わかりづらいでしょ^^

  4. >さくさん☆

    さすが、詠美の救世主♪ 
    わかりやすい説明をありがとうございます^^

    たぬきちさんもこれでわかってくれたかな?!

  5. アフィリ息子(@相互リンク先募集中

    詠美さん
    アフィリ息子です。

    トラックバックは
    日本ブログ村くらいしか
    利用してないですね^^:

    個別記事に
    トラックバックしたら
    スパマーと認定とされるらしいから
    個別記事のトラックバックは
    正直オススメできませんね。

    ブログ応援させていただきます!
    ブログ応援ぽちっ!!

  6. >アフィリ息子さん☆

    ええっ?個別記事にトラックバックしたらスパマー認定ですか?汗
    初めて聞きました^^;

    世の中にはいろんなうわさがあるんですね・・・

    トラックバックは正しく使えばいい機能だと思うので、
    スパマー認定されるとは思えませんが、

    スパマーちっくなことされる方は、
    スパマー認定されてほしい気もします(爆)

    応援ありがとうございます♪

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

アフィリエイト成功に役立つメールをお届けしています♪


子供にも友達にも、胸を張って話せる


お仕事としてのアフィリエイトで


主婦をしながら、自宅で月収6桁稼ぐ方法を配信中です☆




お名前・メールアドレスを入力して、登録するボタンを押してください☆


お名前(HN可)
メールアドレス
メールアドレス(確認用)


バックナンバーはこちら